12weeks
さぁ、今の子たちも訓練開始後60回の歩行を越えました。40,60,80の時点でアイマスクをして犬の訓練性能をチャックします。

Spinner,SpikeとVaradも順調に訓練項目をこなしています。

さて、この仕事を始めてから、次はあれ、その次はこれ・・・

・・・というように、毎回の共同訓練をしながら、経験しながら自分なりに課題を増やしてきました。

毎回課題をクリアすると、次の犬を訓練するのが怖くなる・・というのは言いましたっけ?

自分の中でのバーを上げていくわけですから、

「越せなかったらどうしよう・・」 って怖くなるんです。だからいつもバーを越えることが出来たら、「もう辞めたい」って思うんです。

金メダリスト、イチロー選手なんか、僕の比ではないわけですが・・・
すごい精神力だと思います。まぁ、僕には僕のレベルの精神力で彼らと比べるのが失礼に当たりますが・・・ね。

この仕事って、ある意味自己満足なんだと思います。数値で仕事内容が評価できないですから、評価を下すのは視覚障害者であり、その人たちも犬が良かったかどうかは、8年後にならないと分かりません。

それでも、「情」がその評価に上乗せされるので、卒業させてしまえば・・・余程のことがない限り、「良い犬だ」と言う評価になるでしょうね・・・

だからこそ、卒業させる側が手を抜くことなく高い意識を持って犬を訓練しないと・・・・って思うんですけど、数値に出ない以上、自分への評価も協会への評価もなかなか反映されないわけで、そういう意味で自己満足の世界と言ったわけです。

Spinner, Spike そしてVaradは、僕の自己満足のバーを越してくれるでしょう。

c0051010_11113273.jpg

Wilsons Prom, Whisky Beach - Sunset
[PR]
by gauss999 | 2009-01-24 11:12 | 訓練犬