フリーラン
フリーランのこと書くの忘れていました。

共同訓練の大事な一つとして、「犬との絆を作る」と言うことがあげられます。
犬は、既に訓練を終えているわけですから、新しい主人との「関係」が築けられたなら、ちゃんと働くわけですから。

最初の週の金曜日にフリーランをするのですが、ユーザーさんたちは、犬が自分の元に戻ってくるかどうかを心配するんです。

今までに何回も共同訓練をしていますが、主人のところに戻らなかった犬はいません。
まぁ、戻るようにフリーランをコントロールすることでユーザーさんが心配する「気持ち」を払拭するのも狙いですからね。

指導員によってもやり方はまちまちです。このフリーランを「タダ」のフリーランとする指導員、僕のようにユーザーの犬に対する「気持ち」をPositiveにさせる時間として使う指導員、様々です。

さて、やり方は簡単。
フリーラン場に行き(もちろん施設の敷地内です)、
1.簡単な服従訓練をします。
2.犬を座らせ
3.首輪を持たせリードを外します。
4.一粒のドックフードを与えます。
5.「1・2・3」で犬を放します。

犬が落ち着くまで暫く待ちます。

落ち着いてきたら、ユーザーさんを定間隔に離して待ってもらいます。

ユーザーから出来るだけ離れた場所に犬たちを連れて行きます。
(僕が、4頭の首輪を指で引っかけて準備です)

「1・2・3」で自分の犬の名前を"大声"で叫び続けてもらいます。
僕は一斉に犬を放します。

後は、犬がユーザーの元に行くだけです。
ユーザーの元に行ったら、褒めてフードを与えて、また「1・2・3」で離すだけです。
これを3回ほど繰り返すだけです。

不思議なんですが、離れていく犬たちを見てほっとするんですよねぇ。
[PR]
by gauss999 | 2007-02-03 18:55 | 盲導犬の仕事