はやく~
Nerissa.

彼女は、昔の犬を思い出させる子。
その子の名前はRenee!

Nerissaもちょっと変わった子。他の犬との関わりはそっちのけ。
担当者である僕のことに集中している。

訓練に出かけるために犬舎から出す時、「当然」自分が最初に連れて行ってもらえると信じている。
連れ出さないと、首輪をかけられた犬を「ジィー」っと見て、僕の顔も「ジィー」っとみて、「そうなの?私じゃないの?ふ~ん」と言う顔をすると言う顔に見える。

直線を力強く歩くのが彼女の特徴。それでいて、障害物に近づくと、"ガク"っとスピードを落とす。そしてハンドラーと障害物の距離を測りながら細心の注意を払いながら回避をする。

ハーネスを外すまでの集中力は凄い。
繊細だからエスカレーターもトラベレーターも駄目かと思ったけど、全く大丈夫だった。

明日月曜日に一応Nerissaのご主人に選んだ人に会いに行ってくる。
そしてその人の性格などを観察して最後の決定。

良い人だと良いね?

c0051010_9143076.jpg

[PR]
# by gauss999 | 2006-12-17 09:16 | 訓練犬
妹?姉?
昨日はPepper。今日はPriscilla。

Pepperの妹?か姉?です。(多分お姉さんかな?Pepperに比べて我慢強いから)

Priscillaは、物覚えが凄く良くて"途中"までとても順調でした。
そう途中まで、、、、

あまりにも吸収が早いので、ボク自身も楽しくて多くを教え過ぎたのでしょうね。
小学校の子に大学までの科目を一気に教え込んだような物でした。

ある日突然いろいろな動きが鈍くなったのです。
そう一気に自信を失ったような歩きに。

訓練を2日置きにしたりして、ストレスから解放するようにしたり、フリーランを多く取り入れたり。

そうそう、エスカレーターが大の苦手。メルボルンには、トラベレーターというのもある。
動く歩道が上階への移動手段になっているもの。

後者は克服したのだけど、前者はどうしても駄目らしい。まぁ、メルボルンのユーザーさんたちは、エスカレーターから降りる際に床が収納されていく部分に、「犬の爪」が挟まったりする危険を避けるため、使わない人が多いのが救い。

こちらでは、エレベーターが必ずあるので、日本のようにエスカレーターを使わないと上に行けないという場所がない。
環境も、障害者に優しい。

さて、これがPriscilla。かわいいでしょう?
Pepperに似ていますか?

c0051010_20141864.jpg


あ、自信も取り戻して、安心して卒業させられます。
[PR]
# by gauss999 | 2006-12-16 18:08 | 訓練犬